桜島塗装のブログ

FRP防水✨「トップコート」

こんにちは、事務員の佐々木です(*‘ω‘ *)

 

本日は防水工事、FRP工法の最後の工程である

「トップコート」についてご紹介しますね(*’▽’)

 

トップコートはガラスマット、樹脂を保護する役割を担っています。

前回の記事で紹介したプライマーがよく乾いたら当日中に

トップコートを2回塗り、完成になります。

 

乾燥時間や塗布量を正確に判断して、塗りムラがないように

下塗り・上塗りをする必要があり、

FRP防水に関する知識や技術がないと正しく施工できません。

 

実際の作業を見てみましょう♪

トップコートは定期的なメンテナンスが必要でご自宅の状態、

立地条件にもよりますが、5~7年を目安に塗替えをオススメしています。

経年劣化によって、トップコートの表面に退色が起きたり、

摩耗して荒れてきたりすることがあります。

このような劣化が起きた場合は、機能を維持する為に

早めの塗り替えを検討しましょう。

放っておくと「下地まで腐食してしまっていた・・・」

なんてケースもあります。

 

洗濯物を干す時などベランダに出た際、一度チェックしてみてください!

陸屋根など、ご自身での確認が難しい場合はご相談ください。

診断スペシャリストが伺います✨

 

いかがでしたでしょうか。

防水工事を検討している方や、

どんな手順で工事が進んで行くんだろう。との疑問に

少しでも参考になっていたら嬉しいです。

気になる事がありましたらご相談くださいね(`・ω・´)

 

FRP防水の工程はこちらの記事でも紹介しています。

トップコート塗布の前工程はこちら。

FRP防水✨「ケレン」

☝こちらをクリックでご覧いただけます。

FRP防水✨「プライマー」

☝こちらをクリックでご覧いただけます。

FRP防水✨「ガラスマット貼り」

☝こちらをクリックでご覧いただけます。

 

本日も最後までブログを読んでくださりありがとうございました♡

 

 

屋根塗装 ・外壁塗装 ・ベランダ防水工事 ・屋上防水工事 ・雨漏り・駐車場白線(ライン)引き

その他リフォームのことなら桜島塗装になんでもご相談ください!!

☎️0120-80-6602